どうも!フリーランス1歩手前のくっぴーです!

今回は長い長い独り言シリーズ第一弾です。笑
きっとかなり長いです。

完全サポート、リスクなしの起業?会社が変わるだけの起業に魅力を感じるのか

先日広告で「完全サポートの起業!リスクなし!大盛況セミナー参加者募集!」なんていう広告を見つけました。

記憶が曖昧です!なんてあえてどこでもありそうな文言でごまかしてます。大人の事情ですね!
本当に起業しようとこういった広告をポチる人はあまり意味が分かりません。

よく誇大広告かは実際に見ていないのでわかりかねますが、大盛況!や満員御礼などの広告とともに「リスクなし」と謳う広告が多いです。
本当なのか?少し疑問に思います。確かに、大盛況のいいものをより世の中に多く提供する。考え方としてはとても素晴らしいですし、より良くしていくという面において必要かつ推奨されるべきものだとは思います。

実際はどうなのか?
本当に満員御礼で、大盛況ならば高い金額まで払う広告を打つでしょうか?
口コミでも広がるものではないでしょうか?
しかも同じ広告を多数のところで同時展開…
これでは自分のところはお客様が居ませんと、アピールしているように僕には見えてしまいます。

完全サポートで起業する意味。結局は誰かの庇護下、誰かが責任を持つので会社員と同じでは?

確かにサポートがあったら安心できるんでしょうね。
そんな完全なサポートがあって本当にそれでやろうとは結局会社員と変わらないのでは?と感じてしまいます。

現に指示を出す上司がいて、そのもとで動く。それは雇用形態が会社員から個人事業主になったのと変わらないように感じてしまいます。結局は言われたことを言われたようにやる。うーん。

自分で責任を持つからこそ、その指定された基準を超えて、枠にとらわれない成果を叩き出せるものだともうのですが…
結局は失敗するまでサポーターにコンサル料をずっと払い続ける。失敗したら借金を負うなどのリスクは自分持ち、という風に見えてしまいます。
成功するなら、提供側の話を聞くべきとなってしまうからね。

1人で立ち上げる覚悟でやるなら、かなりいいのかもしれないけど、生半可な気持ちなら食い物にされて終わっちゃうね!